出会いを求める女性

出会いを求める女性は仕事も充実していて年齢的にも結婚を考える20代から30代に多いといえます。女性は子供を作って幸せな家庭をつくることが一般的な考えですが、それには出会いがまずは必要です。

学生時代からの付き合いや職場での出会いで結婚する人が多いといえますが、そのような機会に恵まれない人は知人の紹介やお見合いや出会い系があります。

その中で出会い系サイトはまじめとは言い難い出会いと思われがちですが最近では結婚に結びつくカップルも少なくはないそうです。

しかし、結婚相手を見つけるにはなるべく出会い系サイトではなくて自然な出会いを期待したいものです。特に女性はドラマチックな出会いに憧れを抱く人も多いので思い出に残るような出会い方なら、将来は明るい可能性があります。

結婚とは人生を共にする伴侶と一緒に暮らすという意味で価値観が共有できるというのが大切です。また、共働きが多い世の中ですので家事の分担も重要だといえます。

関連記事⇒出会いを求める年代

出会い系に求める部分をはっきりさせておこう。

自分自身が出会い系に対して求めていいる部分をはっきりさせる事によってより良い活用方法が見いだせる事でしょう。

相手にとっては、自分と同じ価値観を持って利用しているかどうかについて分からない部分がありますが、利用している分にはそれは想定の範囲内であり、余程規約を守っていないとなると相手か自分かが解約等しなくてはならなくなるという事実が待っているだけです。

そこまで求められていないという事は、特に利用について問題がないという事になります。出会い系だから、顔が見えないからと言って馬鹿にしてはいけません。顔は見えなくても画面の向こうには相手がいるからこそ成り立つのです。自分の話した事に対してそれに応じた返答があるという事は、機械のように決まった言葉しか話せないのではなく、人が相手で会話しているという事に他ならないのです。

という事は、やはりある程度会話にも目的意識を持ち、相手に対して失礼のない言葉を選んで話すように努力することが求められるのです。

出会い系サイトツーショットの常連客

出会い系ツーショットで同じ男性と1週間で3回つながったことがある。こちらは仕事として出会い系ツーショットを使用していたので男性に同じ相手だとわからないよう声や年齢や住んでいるところなどの設定を変え対応をした。

男性は離婚をしたばかりの自営業である。収入が不安定なことで離婚をしたのだが、愛情が無くなっていたわけではないので別れた奥さんに未練があるようであった。女性を誘い憂さ晴らしをしたいわけではなく誰かに話を聞いてほしく、出会い系ツーショットに電話をしていた。しかし、目的がはっきりしている相手とばかりつながるので電話をすぐに切られてしまう。

がこちらは仕事なので長い時間話をした方が稼ぎになるので親身になって話を聞いていた。3回もつながった相手である。おそらく毎日電話をして相当のお金をつぎ込んでいるはずだ。これだけ無駄使いをするのなら奥さんも呆れるはずだと感じたが上客なので、あなたは間違っていないと心にもない応対をしていた。毎度ありがとうございますという感じである

    自己紹介

    refperso!

    検索

We love WordPress